PacketiX VPN 4.0

    1_packetix.jpg

    9 年間で 5,500 社に採用された信頼の VPN 製品の最新版。

    PacketiX VPN は企業内、クラウドおよびスマートフォン環境のための VPN 構築に利用可能な、複数 VPN プロトコルに対応した VPN ソフトウェアです。強力な機能を有していますが、企業内のシステム管理者や一般 PC ユーザーの方でも容易に導入いただくことができます。

    PacketiX VPN 4.0 では新たに iPhone や Android からの接続や Cisco ルータ、Microsoft VPN プロトコルとの互換性機能も搭載されました。

    amazon.jpg最新情報

     

    PacketiX VPN 4.0 の新機能

    2013 年 7 月に発売された PacketiX VPN 4.0 には、2010 年に発売された PacketiX VPN 3.0 以降に新規に開発された数多くの新機能や改良点が搭載されています。

    PacketiX VPN 4.0 の ライセンス形態 と PacketiX VPN 3.0 のライセンス形態は同一です。PacketiX VPN 4.0 は PacketiX VPN 3.0 の法人向けライセンスの サブスクリプション契約 をお持ちのお客様は無償でご利用いただけます。

    • 1_remote1.jpg製品紹介・導入例
      PacketiX VPN 4.0 の製品の紹介と導入例を説明します。
    • 技術的特徴
      PacketiX VPN 4.0 の技術的特徴を述べたホワイトペーパーです。
    • VPN 入門
      PacketiX VPN の基盤技術である VPNの一般的な内容から、実際の PacketiX VPN の使い方、PacketiX VPN を用いた具体的なネットワーク構築方法、便利な使い方などを解説します。
    • 製品概要
      PacketiX VPN の全体像と特徴について説明します。
    • PacketiX VPN 4.0 の新機能
      PacketiX VPN 4.0 には、2010 年に発売された PacketiX VPN 3.0 以降に新規に開発された数多くの新機能や改良点が搭載されています。
    • 製品エディション・価格・ライセンス体系
      PacketiX VPN 4.0 の価格・ライセンス体系をご説明します。
    • 保守・サポート・サブスクリプション契約
      1 年間または 3 年間の初回のサブスクリプション契約が 製品ライセンス に標準で含まれています。標準のサブスクリプション契約が満了した後、継続を希望される場合は、1  年または 3 年ごとにサブスクリプション契約を更新することができます。
    • 60 日間体験版 (無料)
      PacketiX VPN 4.0 のすべての機能を 60 日間お試しいただけるバージョンです。機能制限はありません。使用を開始してから 60 日間、VPN Server が動作します。なお、後に製品版をご購入いただいた場合も、再インストールする必要なく、製品版のライセンスキーを入力するだけで継続利用できます。
    • マニュアル・ドキュメント
      PacketiX VPN のマニュアルや関連ドキュメントを参照いただけます。
    • ダウンロード・更新履歴
      PacketiX VPN のソフトウェア本体のダウンロードができます。また、最近の更新履歴も閲覧できます。
    • 仕様・動作環境
      PacketiX VPN の詳しいスペック表と動作環境です。
    • 購入方法
      PacketiX VPN の購入方法です。

    PacketiX VPN のアーキテクチャ

    1.0.1.jpgPacketiX VPN の動作原理の特徴は、各種 Ethernet デバイスの仮想化にあります。PacketiX VPN は、柔軟な リモートアクセス VPN および 拠点間接続 VPN を実現するために、Ethernet デバイスを仮想化します。PacketiX VPN には、通常の LAN カードをソフトウェアでエミュレートした「仮想 LAN カード」プログラムが搭載されています。PacketiX VPN には、通常の Ethernet スイッチング HUB をソフトウェアでエミュレートした「仮想 HUB」プログラムが搭載されています。PacketiX VPN は、LAN カードと HUB との間を接続するための LAN ケーブルをソフトウェアでエミュレートし、「VPN セッション」を作成することができます。

    PacketiX VPN をインストールしたサーバーコンピュータには、1 個または複数個の 仮想 HUB を作成することができます。仮想 HUB を作成したコンピュータは VPN サーバー となり、VPN クライアント コンピュータからの VPN 接続を受け付けることができるようになります。

    PacketiX VPN をインストールしたクライアントコンピュータには、1 個または複数個の 仮想 LAN カード を作成することができます。仮想 LAN カードを作成したコンピュータは VPN クライアントとなり、VPN サーバーコンピュータ上に作成されている仮想 HUB に対して VPN 接続を確立することができるようになります。

    VPN クライアントと VPN サーバーとの間には、VPN セッション (VPN トンネル) を確立することができます。VPN セッションとは、仮想化された LAN ケーブルのことです。VPN セッションは、TCP/IP 通信を用いて実現されています。VPN セッションを通るすべてのデータは SSL によって暗号化されます。この仕組みにより、インターネットを経由して VPN セッションを安全に確立することができます。VPN セッションは、PacketiX VPN の 「VPN over HTTPS」テクノロジー によって確立されます。つまり、PacketiX VPN は VPN 接続を どのようなファイアウォールや NAT の上にでも確立することができます

    1.0.2.jpg仮想 HUB は、すべての接続されている VPN セッション間で Ethernet パケットを交換します。この挙動は、伝統的な Ethernet スイッチング HUB と同じです。仮想 HUB は FDB (フォワーディング・データベース) と呼ばれるスイッチングテーブルを持っており、Ethernet フレームの伝送を最適化します。

    ローカルブリッジ機能 を使用すれば、仮想 HUB と、既存の物理的な Ethernet セグメントとの間に、ローカルブリッジと呼ばれる接続を作成することができます。ローカルブリッジ接続を使用すると、物理的な LAN カードと仮想 HUB との間でパケットを交換することができるようになります。これにより、自宅やモバイル環境から会社のネットワークにアクセスできるような「リモートアクセス VPN」を実現することができます。

    複数の仮想 HUB 間では、カスケード接続 を作成することができます。カスケード接続を使用すれば、複数の離れた場所にある Ethernet セグメントを 1 個の Ethernet セグメントに統合することができます。たとえば、拠点 A、B、C の間をカスケード接続で接続すれば、拠点 A にあるすべてのコンピュータは、拠点 B および拠点 C にあるすべてのコンピュータと通信できるようになります。これは、「拠点間接続 VPN」と呼ばれます。

    PacketiX VPN は UDP を用いて VPN セッションを確立することもできます。PacketiX VPN が UDP モードで動作するときは、NAT トラバーサル機能 が利用可能になります。NAT トラバーサル機能を使用すれば、NAT やファイアウォールの内側にある VPN Server であっても VPN 接続を受け付けることができるようになります。これにより、あなたが VPN Server を企業ネットワーク内にセットアップする際に、ネットワーク管理者による事前の特別な許可が不要になります。さらに、PacketiX VPN Server は変動する IP アドレス上にセットアップすることもできます。PacketiX VPN Server には内蔵の ダイナミック DNS (DDNS) 機能 が搭載されています。

    PacketiX VPN Server は他の VPN プロトコル、すなわち L2TP/IPsec、OpenVPN、Microsoft SSTP、L2TPv3 および EtherIP プロトコルもサポートしています。これらは、iPhone、iPad、Android、Windows および Mac OS X に標準搭載されている L2TP/IPsec VPN クライアント、および Cisco 社の VPN ルータ やその他のベンダの VPN 製品との間での VPN 相互接続を可能とします。

    PacketiX VPN の使い方

    PacketiX VPN を使用すると、企業内、クラウド、モバイル環境における高性能なインターネット VPN を簡単に構築することができます。また、IT プロフェッショナルの方は PacketiX VPN を用いて業務を効率化することができます。

    PacketiX VPN はホームユーザーの方々にも便利なツールです。また、既存の Cisco 社のハードウェア VPN 製品などのレガシー VPN をお使いの方も、容易に PacketiX VPN に乗り換えていただくことが可能です。

     

    banner1.jpg

    PacketiX VPN は大企業および中小企業の IT システムを構築するために必要不可欠なインフラストラクチャです。

    PC 間接続 VPN

    banner1_1.jpg

    PacketiX VPN を使用すると、数台のコンピュータによって構成されるアドホック VPN を構築することができます。どんなに距離が離れていても、コンピュータ間で簡単に LAN 用のプロトコルを相互通信できます。

    拠点間接続 VPN

    banner1_3.jpg

    地理的に分散した複数の支店間は、通常はネットワーク的には分離されています。PacketiX VPN はすべての拠点間に仮想的な LAN ケーブルを敷設します。各支店のすべての PC は単一の LAN に接続されているのと同様に通信可能になります。

    リモートアクセス VPN

    banner1_2.jpg

    社員が出張先や自宅から社内 LAN にアクセスできるようにしたいという需要はありませんか? リモートアクセス VPN により、クライアント PC から LAN までの間に、いつでも、どこでも、仮想的な LAN ケーブルを実現することができます。

     

    banner2.jpg

    PacketiX VPN は柔軟で信頼性の高い仮想ネットワークをクラウドとともに構築することができます。Amazon EC2、Windows Azure およびその他のほとんどのクラウドサービスは PacketiX VPN をサポートしています。

    ローカル PC をクラウドへ参加させる方法

    banner2_1.jpgお手元のデスクトップまたはノート PC をクラウドの VM ネットワークに参加させることができます。クラウドの VM を企業内のローカルネットワークの一部であるかのように利用することができます。

    クラウド VM を企業内 LAN に参加させる方法

    banner2_2.jpgPacketiX VPN を使用すれば、クラウド VM を企業内 LAN に参加させることができます。企業内 LAN のユーザーは何も設定しなくてもクラウド VM にアクセスできるようになります。

    クラウドと LAN のブリッジ VPN 接続

    banner2_3.jpgPacketiX VPN はクラウドと LAN との間で 24 時間 365 日間、仮想的な Ethernet 専用線を維持することができます。すると、クラウド側のプライベートネットワークは、企業内ネットワークの一部とみなすことができるようになります。

    複数クラウド間の VPN ブリッジ接続

    banner2_4.jpgAmazon EC2 と Windows Azure を併せて使用しているか、または 1 つのクラウドサービスの複数の遠隔データセンタを使用している場合は、PacketiX VPN を用いて複数の場所に分散したクラウド VM 間で 1 つの統合されたネットワークを構築できます。

     

    banner3.jpg

    PacketiX VPN は iPhone や Android を含む数多くのデバイスをサポートしています。PacketiX VPN を使用すれば、あなたのスマートフォンを企業内 LAN またはクラウドネットワークの一部とすることができます。

    iPhone および Android

    banner3_1.jpgiPhone および Android は組み込みの VPN クライアント機能を有していますが、本来はその VPN クライアント機能を使用してリモートアクセスを実現するためには、Cisco や Juniper などの高価なハードウェアベースの VPN 製品を導入する必要がありました。PacketiX VPN は Cisco と同等の機能を有しており、iPhone や Android を簡単にサポートすることができます。

    Windows や Mac のモバイル PC

    banner3_2.jpgWindows や Mac のモバイル PC は、いつでも、どこからでも PacketiX VPN に接続できます。Wi-Fi や海外のインターネットにあるようなファイアウォールやパケットフィルタを越えて接続できます。Windows RT も PacketiX VPN への接続をサポートしています。

     

    banner4.jpg

    PacketiX VPN は企業およびシステムインテグレータにおける IT プロフェッショナルの方々が効率的なシステム管理を行う際に極めて便利なツールでもあります。

    リモート管理

    banner4_1.jpg管理対象の多数の顧客のコンピュータやプリンタなどが国内に分散している方も多いのではないかと思われます。PacketiX VPN はネットワーク管理者を助ける手頃なツールです。あなたの机から、事前に PacketiX VPN をインストールしておいた任意のネットワークにアクセスすることができます。

    独自のクラウドサービスの構築

    banner4_3.jpgAmazon EC2 や Windows Azure に打ち勝つような独自のクラウドサービスを構築したいとお考えでしょうか ? PacketiX VPN は、あなたの構築するクラウドサービス内の VM 間や、クラウドネットワークとあなたの顧客のオンプレミスのネットワークとの間を接続する機能を提供します。

     

    ネットワークの試験、シミュレーションおよびデバッグのための VPN

    banner4_2.jpgPacketiX VPN はリモートネットワークを構築するためだけのツールではありません。IT プロフェッショナルは、PacketiX VPN を活用することにより、ネットワークの設計、テスト、シミュレーションを行うこともできるのです。例えば、遅延、ジッタおよびパケットロスの生成機能が PacketiX VPN には実装されているため、ネットワーク設計者は質の悪い IP ネットワーク下における VoIP 電話機の動作をテストすることができます。

     

    banner5.jpg

    PacketiX VPN はホームユーザーにとっても便利なソフトウェアです。あなたは、自宅に大企業クラスの VPN と同等の VPN システムを構築し、それを自慢することができるようになります。

    リモートアクセス

    banner5_1.jpg外出先から、自宅にあるサーバーやデジタル機器にアクセスしたいことはありませんか ? PacketiX VPN を自宅の PC にインストールすれば、インターネットを経由して地球の反対側からであっても、自宅のサーバーや HDTV レコーダーにアクセスできるようになります。

    どこからでも快適なネットワークを利用

    banner5_2.jpgあなたは世界中を飛び回るビジネスマンですか ? 世界中の多くの国では、ほとんどの Wi-Fi やローカルな ISP ではパケットフィルタリングや検閲によってとても不快なネットワーク環境しか提供してくれません。そこで、自宅の PC にあなた個人専用の中継サーバーをセットアップしておくことにより、それらの出先から自宅にアクセスしてくつろぐことができるようになります。

     

    banner6.jpg

    会社のネットワーク管理者があなたにグローバル IP を割当てるのを躊躇していますか ? あなたの会社には内部 LAN とインターネットとの間にファイアウォールがありますか ? 心配ご無用。PacketiX VPN には面倒な企業のファイアウォールを貫通する強力な機能が備わっています。

    ダイナミック DNS 機能および NAT トラバーサル機能

    banner6_1.jpgレガシーな IPsec VPN を構築するには固定のグローバル IP アドレスが必要です。これと異なり、PacketiX VPN Server を設置するためには固定またはグローバルな IP アドレスは 1 つも必要ありません。

    VPN Azure

    banner6_2.jpgもし企業のファイアウォールの制限がより厳しく、PacketiX VPN の NAT トラバーサル機能が正しく動作しない場合は、代わりに VPN Azure を用いてそのようなファイアウォールを貫通することができます。

     

    banner7.jpg

    IPsec ベースの VPN プロトコルは 1990 年代に開発されたものであり、現代では時代遅れとなってしまっています。IPsec ベースの VPN と異なり、PacketiX VPN はどのような種類のファイアウォールとも親和性が高い上に、Cisco やその他の高価なハードウェアデバイスを購入する必要はありません。Cisco や OpenVPN を今日すぐに PacketiX VPN に置換えましょう。

    ファイアウォールを SSL-VPN で貫通

    banner7_1.jpgIPsec ベースの VPN 製品でトラブルが生じていませんか ? PacketiX VPN に置換えましょう。PacketiX VPN プロトコルは HTTPS ベースであり、ほぼすべての種類のファイアウォールは PacketiX VPN のパケットを通過します。

    Cisco や他社のハードウェアベースの VPN 製品の置換

    banner7_2.jpgCisco、Juniper またはその他のハードウェアベースの IPsec VPN 製品は導入および管理に高額な費用がかかります。これらの製品は使い勝手に欠けている上にファイアウォールとの相性も良くありません。これらの旧来の製品を PacketiX VPN に置換することはとても簡単です。PacketiX VPN は Cisco が有しているものと同等の L2TP/IPsec VPN 機能を有しています。

    OpenVPN の置換

    banner7_2.jpg未だに OpenVPN を使用しているのですか ? PacketiX VPN はより能力があり、高いパフォーマンスを有し、簡単に設定することができる GUI ベースの管理ツールもあります。PacketiX VPN は OpenVPN Server のクローン機能も搭載されていますので、iPhone や Android を含めたすべての OpenVPN クライアントからの接続を受付けることができます。

    VPN ネットワークの構築例

    vpnsite.pngSSL-VPN プロトコルを使用して VPN ネットワークを構築する場合は、こちらのガイドをご覧ください。このガイドではリモートアクセス VPN と拠点間接続 VPN の構成を説明しています。

    PacketiX VPN Server を使った L2TP/IPsec VPN の構成

    iphoneetc.pngPacketiX VPN は、L2TP/IPsec VPN プロトコルの着信もサポートしています。iOS、Android、MacOS X などの L2TP/IPsec VPN プロトコルに互換性のあるクライアントから PacketiX VPN Server に接続することができます。

    PacketiX VPN Server を使ったハードウエア VPN ルータとの接続

    PacketiX VPN は、iOS、Android、MacOS X だけでなく、Cisco や NEC などのハードウエア VPN ルータとの接続にも対応しています。

    VPN ネットワークの構築例

    vpnsite.pngSSL-VPN プロトコルを使用して VPN ネットワークを構築する場合は、こちらのガイドをご覧ください。このガイドではリモートアクセス VPN と拠点間接続 VPN の構成を説明しています。

    PacketiX VPN Server を使った L2TP/IPsec VPN の構成

    iphoneetc.pngPacketiX VPN は、L2TP/IPsec VPN プロトコルの着信もサポートしています。iOS、Android、MacOS X などの L2TP/IPsec VPN プロトコルに互換性のあるクライアントから PacketiX VPN Server に接続することができます。

    PacketiX VPN Server を使ったハードウエア VPN ルータとの接続

    PacketiX VPN は、iOS、Android、MacOS X だけでなく、Cisco や NEC などのハードウエア VPN ルータとの接続にも対応しています。

     

     

    多数の VPN プロトコルと端末に対応する唯一の VPN サーバー製品

    all_vpn_proto.jpg